1. Home
  2. よくある質問 (FAQ)
  3. 操作
  4. 音符の符頭を変更する
  1. Home
  2. よくある質問 (FAQ)
  3. 音符の符頭を変更する

音符の符頭を変更する

Sibelius では、通常の黒い音符のほかに、×やスラッシュなど、様々な形へ符頭を変更することが出来ます。
符頭の種類は用意されているものだけでも 30 種類あります。

符頭の変更方法

  1. まずは通常通り音符を作成します。
  2. 符頭を変更したい音符を選択し、[記譜] > [タイプ] から符頭を選択します。

符頭のタイプによっては、再生時に音が再生されなかったり、音が変化したりと影響のあるものもございます。詳細は、リファレンスマニュアルの[符頭]の項目をご参照ください。

関連記事

更新日: 2017-04-14

この記事は役に立ちましたか?

関連記事